iPhone修理コツ

フロントパネル

iPhoneの修理を自分でやろうという場合、修理に必要なパーツを理解しておく必要があります。まず、iPhoneの顔とも言える、重要な部分として、フロントパネルがあります。フロントパネルの破損はiPhoneの故障の症状としても最もよく見かけるものかもしれません。その分、自分で修理したいと考える人も多いのではないでしょうか。

用意するものとしてはフロントパネル、タッチパネル、デジタイザです。画面が割れてしまった場合には表面のガラスのみ取り替えるという方法と、ガラス下のタッチパネル部分までまるごと取り替える方法があります。コスト面で言いますと、ガラスパネルのみの交換の方が安く済みますが、ガラスが接着剤しっかりくっついているiPhone6などの場合には上手く剥がすことはかなり難しいと言えます。フロントパネルのガラスの下にはタッチパネル機能を実装するためのデジタイザーが組み込まれています。これを交換するためには、本格的にiPhoneを分解しパーツを外す必要がありますが、この場合ですとガラスパネルを剥がす必要が無いので作業の難易度としては比較的簡単になります。パーツの外し方を間違えてしまうと中身が壊れてしまう原因になりかねないので、扱いには充分に気を付けて行いましょう。

コンテンツ

サブメニュー